« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月29日 (月)

春遠からじ

毎年、何かしら忙しい2月が終わろうとしている。確定申告の帳簿整理や申告の事務仕事に苦労するのは毎年のことだが、それでも、自分でエクセルを使って帳簿を作るようになってから、電卓を片手に何度もやり直す手間がなくなって、多少は楽になった。今年も、先週初めに申告を終えたので、2月最大の気が進まない作業は終えたことになる。あと、スケジュール的には、毎年、長年属している教育研究会の関西ブロック集会も2月に開催される。さすがに、全国委員と三重の事務局長という立場からすれば、多少懐具合が悪くても参加……ということになる。今年も充実した研究会で、また、レポート発表や実技講座なども担当していなかったため、こちらとしては、あまり気を使わずに参加できた。ただ、懐具合は、例年より少し厳しい感じで2月を終えようとしている。
懐具合を考えると、どうしても安倍政権の失政・悪政の責任は重いと感じる。消費税の増税と高額所得者や大企業に向けての減税は、格差を拡大する一方で、かえって景気や財政への悪影響が大きい。日本の経済が、もはや内需中心にシフトしているのに、内需を支える中間層を減らし、貧困層を拡大していては、今までに買えた物がどんどん買えなくなり、需要の停滞を招き、企業に設備投資をしようとする意欲を失わせてさらに景気が悪化する悪循環となる。それが進めば進むほど、福祉の経費は拡大しさらなる財政支出を増大させる。マイナス金利政策など、福祉の不備による将来への不安から、投資よりもタンス預金に流れるのが関の山だろう。去年と同じように買い物をしても、税金に持っていかれる分だけ高くなり、「チリも積もれば山となる」ということわざのごとく結局可処分所得が減ることになる。懐具合の悪化は、それによる部分も大きいと言えよう。
暦の上では、明日から3月。春が来る。けれども、安倍政権がのさばる限り、国民の春はまだまだ先の話であろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »