« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月30日 (土)

卑怯な連中

小さい頃から、TVやマンガ、アニメが好きだった。仮面の忍者赤影、サイボーグ009、仮面ライダー、ウルトラマン、レインボーマン、キカイダー、マジンガーZ、ライディーン、キューティーハニー、月光仮面、ジャイアントロボ、バロム1……。少し考えるだけで数多くのタイトルが思い浮かぶ。そして、それらの作品にはたくさんのヒーローたちがいた。その一方で、ヒーローに敵対する悪の組織も存在した。金目教、ブラックゴースト、死ね死ね団、ショーカー、デストロン、ダーク、パンサークロー、サタンの爪、BF団、ギドロン……。様々な悪の組織があったが、そうした連中は様々な卑怯な行い、卑劣なことをして人々を苦しめ、社会を破壊した。嘘や不正、殺人、誘拐、破壊工作、テロ……。嘘をつくなど平気、弱い者いじめは当たり前、影に隠れて悪行の限りをつくし、私利私欲をむさぼる。子ども心にその行為の醜さを嫌悪した。そして、そうした行いをせぬようにと心に誓い、卑怯を嫌悪したものだった。
 
そうした意味において、たくさんのマンガやアニメ、特撮は私たちの道徳の先生ともなった。大人になって学校で生徒たちに教えたときに、「ウルトラセブン」や「帰ってきたウルトラマン」を見せて子どもたちに感想を書かせ、話し合いをさせるようなこともした。教科書を説明するよりも熱心に文章を書き、真剣に発言する子どもたちの姿があった。
 
だが、最近の社会を見ていると、卑怯な連中が幅をきかしている姿が目に余る。公約というものは破るのが当たり前と考えている政府与党。政治献金をなくすための政党助成金をもらいながら政治献金を受け取るなど卑怯千万である。丁寧に説明すると言いながら審議に応じなかったり、重要事項を隠した真っ黒な資料を渡して審議そのものを妨害するような行為もあった。今回の熊本周辺の震災に関わっても、何故か鹿児島県の震度が出てこない。距離的に見れば明らかに情報の隠蔽であろう。また、パナマ文書で「合法的」…というよりも法律の不備をついて税金逃れをする一方で減税を求める財界。これも卑怯で不誠実な行動である。
 
このように見てみると、フィクションであった悪の組織が社会のあちこちで実体化しているかのようである。しかし、現実の社会にはウルトラマンも仮面ライダーもそんざいしない。私たち一人ひとりが卑怯を許さない態度を貫く必要がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »