« 2016年12月 | トップページ

2017年2月 1日 (水)

分断は以前から

トランプ大統領の一部の国の難民やイスラム教徒を名指しするかのような入国拒否の大統領令が大きな波紋を広げている。多くの人々が指摘するように、それは中東の人々やイスラムについての差別であり、社会の分断につながる…との指摘は、特に反論する気はない。だが、日本の報道を見ていると、どこかしら違和感がある。それは、今までは《分断》がなかったかのように聞こえるからである。
 
なぜ、トランプ大統領がこのような大統領令を出したか、と言えば、選挙での公約が絡んでいるし、その公約ゆえに彼を支持した多くのアメリカ国民の存在があったからだろう。ではなぜ彼らはそれを支持したのか。それは、経済格差による《分断》によって、彼らが相当なまでに痛めつけられていたからである。
 
経済格差も、大きな分断を生む。その分断が世界中でのテロを呼び起こしているのである。とするならば、分断の解消のためには、経済格差の問題に取り組む必要がある。それは生半可なことではないが、その事実に目を背けていては、分断は拡大し、更なる人権侵害や暴力、テロを生むだろう。これは、アメリカだけの問題ではない。ヨーロッパも日本も、世界のあらゆる国々が取り組まなければならない緊急の問題なのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ