« 品格? | トップページ | 聴くということ »

2017年11月30日 (木)

ミサイルとモリカケ

北朝鮮がまたまたミサイルを発射した。モリカケ問題が国会で論議されている真っただ中、横綱日馬富士の引退と合わせてニュースのトップを奪った状況である。モリカケ問題の追求では、他の案件では考えられない4つもの特例対応や再調査に対しての政権のいい加減で無責任で消極的な逃げの姿勢が明らかになってきたわけだが、ミサイルと横綱引退に話題をさらわれてしまった格好である。
 
だが、本当にそれで良いのだろうか。モリカケは横綱引退や北朝鮮のミサイル発射に比べて後回しにしてもいい問題なのだろうか。日馬富士の引退は相撲界にとっては一大事だが、国民生活に多大の影響を与えるほどの問題とは言えない。また、北朝鮮のミサイル発射も、今回は日本の領土上空を通過したわけでもなく、挑発行為であるということは明白だが、直接的な危機が目前に迫っている状況でもない。逆に、支持率低下危機の安倍政権にとっては、強硬姿勢のポーズ(実は、毎回口先だけの強硬論で、結果としてミサイル発射や核実験といった挑発行動の回数は増加している。)内政の失敗を糊塗して支持率を上げるイメージ戦略のまたとない機会を提供してもらっているとも言える。
 
今回に限らず、こうした《絶妙のタイミング》で挑発行為が行われるケースが安倍政権時には結構多い。そのため、ネット内では、実は安倍政権と北朝鮮の金政権は裏でつながっている……などとする言説も時々見かける。韓国の朴政権の例を見るまでもなく、内政で失敗している政権が外国に【敵】を作り国民の目をそらそうとするのは歴史的に何度も繰り返されている常套手段である。金政権は安倍政権に対して何度も絶妙のタイミングできっかけを提供してくれているのである。
 
ネットの一部に流れる安倍・金結託説が、安倍の性格から考えて必ずしも笑って否定できる訳ではないが、北朝鮮からすれば、負け犬の遠吠えのごとく口先だけの強硬論を繰り返すだけで外交的な力も乏しい安倍が首相を続けることは都合がいい。もし、安倍政権が倒れて彼よりも外交力の優れた人間が政権を取り、ロシアと中国、韓国を巻き込んで、「人道的」支援のシステムを作っていく中で金政権の内政に不満を意識させるような「親切な対応」をとられるような事態になれば、金政権は核戦争ごっこにかまけている余裕などなくなってしまうだろう。そんな外交戦略など思い浮かびもせず、毎度毎度の口先だけの強硬論を唱えるだけの安倍政権は、アメリカや中国に対してギリギリの外交交渉を余儀なくされる北朝鮮にとって実に御しやすい相手と言えるだろう。ならば、その存続に手を貸すような行動をとるメリットは大きい。
 
そうした視点に立てば、マスコミは日馬富士引退など些細なことに大切なトップを明け渡している余裕はない。国益のためにも、モリカケを徹底追及をしてアベノリスクを取り除く努力こそが必要だと思うのだが。

|

« 品格? | トップページ | 聴くということ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/72340180

この記事へのトラックバック一覧です: ミサイルとモリカケ:

« 品格? | トップページ | 聴くということ »