« 正直と公正 | トップページ | 無法ニッポン »

2018年9月30日 (日)

台風接近

台風が紀伊半島に上陸し、伊勢志摩も暴風圏に入っているようだ。先ほどから雨戸をたたく雨と風の音が激しさを増している。このまま、家で寝ていたいところだが、今夜は夜勤の仕事が入っていて、もう少ししたら出勤時間だ。台風の報道を見ながら出かけるタイミングを見ている。

それにしても、今年は災害が多い。大雨に地震、そして酷暑に度重なる台風の上陸。これだけの天災が続くと、古代国家であれば政治に徳がないから天が怒っている……ということになり、為政者が殺されたり革命の原因となったりするところだ。もっともアホ総理とそれを支える偽保守売国与党のやり口を見ていると、そうした古代国家の常識を適用したくなる。これだけの災害が続けば、党首選挙や外遊日程などは災害対策ということで延期しても多くの人の理解は得られるに違いない。けれども、アホ政権はそんな頭もないようで、被災者への対策は鈍くせこいくせに、売国外交で何の成果もないままに日本の大切な税金をばらまくことに熱心だ。その割に無国連での演説での聴衆はまばら。このアホが居座り続けることで日本はどんどん弱っていく。まさしく亡国の政権である。台風一過のように一秒でも早く政権を去り、不公正と隠蔽し続けた犯罪行為の責任を取る形で鉄格子のある別荘に引退して欲しいものである。
 
和歌山から奈良、台風はそろそろ三重に入っているのだろうか。避難勧告は周辺の市や町でもまだまだ続き、風雨の音もそろそろ衰えていない。だが、そろそ出勤の準備をしなくては。
 

|

« 正直と公正 | トップページ | 無法ニッポン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台風接近:

« 正直と公正 | トップページ | 無法ニッポン »