« 嘘をつく人 | トップページ | 初アマゾン体験 »

2019年4月30日 (火)

平成の終わり

30年以上続いた平成が今日で終わる。テレビや新聞は平成の振り返り特集で騒がしいが、それが今上天皇の想いに寄り添っているかどうかは微妙かもしれない。とりあえず私自身は、いつものように淡々と平成の終わりを迎えたいと思っている。

今上天皇は、戦後の象徴天皇としての生き方を熟考した上で、日本国憲法の下の天皇としての役割を見事に果たされたのではないかと思う。歴代の総理以上に憲法を守り、国民に寄り添って、しかも政治に口を出すことを謹んで行動された。それは、自らの立場と役割を深く考えた上での行動であり、新しい民主国家の天皇像を国民に示された。それが、あまりにも見事であったがゆえに、今ではそれが当たり前のように受け取っている国民は大多数ではないかと思われる。それゆえに、人々は、象徴天皇制の意味をあまり深く考える必要を感じていない。

けれども、今上天皇が日本国憲法化の象徴天皇として生きる選択を選ばれたがゆえに、皇族は、日本国憲法に保障されている基本的人権の幾許かを犠牲にされている。職業選択の自由やプライバシーの権利など、皇族であるが故の不自由さもあるのだ。それが象徴天皇制である。優れた象徴天皇としてその役割を終えられる今上天皇陛下。その生きざまに甘えることなく、象徴天皇制の意味を問い続けていきたい。

 

 

|

« 嘘をつく人 | トップページ | 初アマゾン体験 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 嘘をつく人 | トップページ | 初アマゾン体験 »