« 実体経済に焦点を | トップページ | 花さかニャンコ »

2019年9月30日 (月)

消費増税という間違い

今日は、市内の靴屋まで新しい靴を買いに走った。職場で使っている新しい靴の予備を買うためである。本来であれば、まだ「買う」という選択肢はなかった。靴底をボンドで補修してはいるが、まだまだ十分に使えるからだ。しかし、仕事で毎日7,000~9,000歩は歩いているので、靴は消耗品。補修して使っているから今の靴は1年持たないのは確実。ならば、消費増税前に買った方が賢明という判断で泣く泣く少ない通帳から1万ほどおろした。

それにしても、アホ政権による日本破壊は本当に目に余る。私自身は決して投票していないが、この時期の消費増税は少しでも経済が分かっている人間なら、絶対にNoだろう。現にアメリカの経済学者からも増税に反対する声が出ている。アホ政権と御用マスゴミはデータ改ざんと嘘の説明でごまかしているが、長期間にわたる労働者への低賃金政策によって、実体経済の低迷は深刻な状況にあり、一般の家計の可処分所得は減り続けている。消費増税はそれに追い打ちをかける結果となり、実体経済の消費力はさらに低下することになるだろう。アホシランゾウと政府与党は、労働者が消費者であり納税者であることを理解できていないようだ。中学校の経済分野のテストをしても赤点続出のレベルだろう。

経済を活性化させるには、安定した消費や消費の増加が重要なのだが、それは、多くの家計の可処分所得…安心して使えるお金が増えることが必須条件である。どうすればそれが増えるか。賃金が上昇し、福祉や医療、教育に対する支出が減れば、皆、放っておいてもお金を使うだろう。国連から勧告を受けるようなレベルの低賃金化政策をやめ、格差を是正するために所得税の累進課税を元に戻し、法人税も累進課税化を進め、海外への無駄なバラマキや売国的な対米イエスマン政策を修正して福祉にお金を回せばよい。アベノミクスなどと自称するアホな不平等政策の間違いを認め、正反対の財政政策を進めればよいのだ。

それが、低迷し、衰退途上国への道を突っ走る日本の未来を救う唯一の道である。

|

« 実体経済に焦点を | トップページ | 花さかニャンコ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 実体経済に焦点を | トップページ | 花さかニャンコ »