2013年1月18日 (金)

「体罰事件」報道の底の浅さ

大阪での「体罰事件」の報道を見聞きしていると、日本のマスコミ報道は、体罰をしていた教師の「個人的責任」の方向で進めているように感じられる。確かに、教育現場での体罰自体は良くないことだし、それは法律でも禁止されているわけだが、法律ができて何十年も経っているのに、体罰事件は繰り返し報道されている。今回の場合は、高校生の尊い命が失われたために大きく取り上げられたわけだが、日本の教育の現場でこの教師以外に体罰が行われていないわけでは決してない。繰り返されるということは、教師一個人の問題ではなく、体罰が繰り返される構造がある。にも拘らず、マスコミは、そこまで突っ込んだ報道から逃げているように思われる。つまり、繰り返される体罰事件は、底の浅い報道を繰り返し続けているマスコミにもその責任の一端はあると言えなくもない。
ところで、なぜ体罰事件が繰り返されるのだろうか。ほとんどの教師や教育関係者は、学校現場において体罰は法律で禁止されていることをよく知っているし、体罰そのものに本当の意味での教育的効果は期待できないということを知っている教師や教育関係者は多い。だから、マスコミ報道がそれを繰り返してもほとんど意味はない。事件が起きると声高く当事者のみを批判する政治家やマスコミ関係者、評論家は多いが、彼らが荒れた学校で生徒を指導する立場に立った時、その事件や当事者を批判した言葉に責任を持てるだけの力量を持っている人はそれほど多くはないだろう。体罰事件が起きる構造を解き明かし、効果のある具体的な指導法を提示することもなく、「攻撃」だけを目的とした「批判」を繰り返すのは非常に無責任である。
例えば、小泉改革以降、福祉予算とともに教育予算は削られ続けている。今や、OECD諸国の最低ラインという恥ずかしいレベルである。一方、発達障がいの問題や家庭の貧困からくる子どもの様々な問題など、学校現場は多くの困難を抱えている。まともな政治家やジャーナリストならば、「現場」でできることとは別に、「教育行政」として教育環境を整えるための予算措置や制度改革の提言や実現への努力を口にしてしかるべきではないだろうか。30人学級の実現も、特別支援教育のための予算の充実も、スクールカウンセラーの常設も遅々として進まず、非正規の教職員を増やして正規職員を減らすような無責任体制を拡大させてきた教育行政。政治家も、マスコミも、現場をバッシングして責任をごまかすのではなく、やるべきことをきちんとやらなければならないと思うのだが……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月30日 (月)

NHKの偏向報道

西松建設の献金事件で、民放や新聞などで検察の手が自民党の二階議員の方にものびたとの報道が少し目に付いた。ところが、NHKのニュースを見ていても、そうした報道はまったく出てこない。逆に民主党の小沢議員側の報道は、あまり新しい情報でもないことを微に入り細に入り繰り返して、時間を多くかけている。

検察側の主張であれば、二階議員や森元首相などの自民党議員も当然ひっかかってくるはずだし、法律や国民の常識からすれば、問題は金額の多少ではない。二階議員の説明が通るなら、当然、小沢議員の説明で十分だということになるが、そうした指摘は過分にしてマスコミからは聞こえてこない。そして、自民党側についてはまったく報道せずに過度に小沢議員側をターゲットにするNHKの報道姿勢は、明らかに公平性を欠いた偏向報道である。

公平性という面では、他の民放各社や新聞なども必ずしも十分とは感じられないが、特にNHKは自民党側の情報をまったく流していない現実からすれば、与党偏重が過ぎる。国民から受信料を取っているのであれば、政府の広報機関/大本営発表の垂れ流しではおかしい。それをするならば、受信料は自民党と公明党にのみ負担させてしかるべきだろう。公共放送を自認するならば、与党の方ももっともっと厳しく監視し、不正や不正義を糾弾しなければならない。

太平洋戦争が国民に辛酸をなめさせた原因のひとつに、マスコミの大本営発表の無批判な垂れ流しがあった。当時は、治安維持法などの縛りがあった訳だが、現在、治安維持法はない。その状況の中で、自らが政府与党の宣伝を垂れ流し続けるような報道姿勢では、国民から受信料を取る資格はない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 4日 (水)

防衛相は辞任したが

原爆に対する「しょうがない」発言が問題になり、防衛相が辞任した。世論の怒りに抗えず…ということだが、当初の本人の居直りと首相の擁護姿勢を考えれば、単なるトカゲの尻尾切りに過ぎないし、国会議員は辞任していないことも合わせて、問題の本質を無視してごまかそうとする姿勢だけが明らかになったに過ぎない。

田中芳樹の書いた小説『銀河英雄伝説』の3巻(徳間書店)において、主要人物のヤン・ウェンリーは、戦争を賛美する御用学者オリベイラ自治大学長やネグロポンティー国防委員長に対して、次のような言葉を投げつける。〔p.153~154〕

 

すばらしいご意見です。戦争で生命を落としたり肉親を失ったりしたことのない人であれば、信じたくなるかもしれませんね。まして、戦争を利用して、他人の犠牲の上に自らの利益をきずこうとする人々にとっては、魅力的な考えでしょう。ありもしない祖国愛をあると見せかけて他人をあざむくような人々にとってもね。…あなたがたか、口で言うほどに祖国の防衛や犠牲心が必要だとお思いなら、他人にどうしろこうしろと命令する前に、自分たちで実行なさったらいかがですか…………人間の行為のなかで、何がもっとも卑劣で恥知らずか。それは、権力を持った人間、権力に媚を売る人間が、安全な場所に隠れて戦争を賛美し、他人には愛国心や犠牲精神を強調して戦場に送り出すことです。

 

この批判は、そのまま安倍総理や小泉前総理、久間前防衛相に対してもあてはまる。今も生きている被爆者の痛みや将来起こり得るかも知れない核戦争の被害者の痛みに鈍感だからこそあのような「失言」が出てくるし、任命権者もそれを安易に擁護してしまう。それは、彼らがヤン・ウェンリーの言う【もっとも卑劣で恥知らずな人間】だからである。

『銀河英雄伝説』は今から20年以上も前に書かれた小説である。だが、ここにおいて展開されている腐敗した民主政治への批判の言葉は、今なお輝きと有効性を失ってはいない。そして、ヤンの言葉によれば、民主政治の腐敗は国民の責任なのである。

月末には、参議院選挙が予定されている。そして、私は日本の国民である。一国民の責任として【もっとも卑劣で恥知らずな人間】たちを喜ばせるような選択は避けたいと考えている。

 

人気ブログランキング … よろしければクリックをお願いします。

コメント・TBの主要言語は日本語…でお願いします。spmではないことを確認の上で24時間以内に公開します。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2007年5月 8日 (火)

特待生と高野連

野球の特待生の問題で、大きな混乱が生じている。だが、学習の面での特待生や、その他のスポーツでの特待生の存在を考えれば、それが経済的に苦しい家庭においても進学が可能となるチャンスであることを考えるならば、入学金や授業料の免除はあっても良いのではないだろうか。そういう意味において、規約の見直しもせずに現状を放置しておいて、突然、こんなことを騒ぎ出す高野連の関係者はおかしい…というか、今まで何をしていたのか、という事になる。

子どもたちの将来を考えるならば、入学金や授業料の免除はあっても良いし、特に地元や隣の府県などに限ってのことなら、下宿や寮生活のサポートもあって良いと思う。ただ、監督や家族といった、大人への金品の受け渡しこそを厳しく監視し、それに対する厳しい罰則をも設けるべきだろう。

今回のゴタゴタは、大人の欲望によって歪めた制度を、大人のメンツと保身のために子どもを巻き込んだ愚かな対応によって、混乱させ、結果として、いっそう子どもたちを傷つけている構図であろう。その意味で、子どもたちは被害者であり、高野連の役員も、事件に区切りをつけたら、全員が責任をとって辞任すべきであろう。

未来を食い物にする大人たちの欲望は、醜く、汚い。巻き込まれた子どもたちの方がいい迷惑である。その視点に立って高野連の言動や、マスコミの報道を注視していかなければ……と思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月27日 (土)

どうして改造が行われたのか

パロマの事故関連のニュースで、死亡事故に至ったケースの多くに、改造の問題があった。それを聞いていて疑問に思うのだが、なぜ改造しなければならなかったのかという点である。それなりに複数の新聞やニュース番組を見ているが、改造した結果として一酸化炭素の発生を指摘する解説はあっても、なぜ改造が行われていたのか…という理由を突っ込んで取材・報道していたものを寡聞にして知らない。

例えば、自動車やバイクの改造ならば、スピードを上げるとか見栄えを良くする(使用者の感性からすれば…の話だが)などの理由はあるが、例えば洗濯機や冷蔵庫について改造する理由はない。同じ様に湯沸かし器に、どのような改造の理由があるのだろうか。

それを考えれば、それなりにまとまった数の【改造】が行われていた事実がある以上、何らかの理由が、当然ある筈だ、と考えられる。それもきちんと取材し、分析しなければ、同様の事故は、また繰り返される可能性がある。

もちろん、対応の上での会社の「安全性に対する考え方の甘さ」の問題はあろう。けれども、よく考えてみると、コスト削減の方向の中で、もっとも軽視され削られかねないのが「安全性」に対するものである。その点では、パロマの事故も不二家の事件も、安全性の犠牲を企業・現場が選択する際に頭にあったのがコスト削減ではないのか。そういう分析も、あまりニュースや新聞報道の中では見受けられない。

様々な視点から分析をし、事件の構造に光を当てることで発生を抑制することも報道の使命ではないかと思うのだが……。

 

人気blogランキング … よろしければクリックをお願いします。

コメント・TBの主要言語は日本語…でお願いします。spmではないことを確認の上で24時間以内に公開します。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月21日 (土)

999と盗作騒ぎ

つい先日、「銀河鉄道999」の中で使われているフレーズを、某シンガーソングライターが盗作したのではないか、というニュースを目にした。新聞報道で見たフレーズからすれば、疑われても当然だろうと思う。

付け加えれば、1998年に公開された「銀河鉄道999~エターナル・ファンタジー~」の主題歌「Brave Love」をTHE ALFEEが歌っている。その歌の中にも問題になっている部分とよく似たフレーズが出てくるので、私自身も時々カラオケで歌っている程度には流行った歌である以上、件のシンガーソングライターが意識的に盗作をしたかどうかは定かではないにしても、何かの折に耳にしたものが無意識の中に残ってしまったという可能性は大いにあり得る。

まあ、まともな大人の感覚や常識があるのならば、そうした事実経過を意識すれば、今の時点では松本氏の側で裁判を起こして損害賠償を求める、とまでは言っていないようなので、素直に謝ればすむのではないかと思う。

けれども、最近は「まともな大人」が減少しつつあるような気がする。以前このブログで取り上げた津地検の人権侵害事件でも、すぐに陳謝して結果報告を送付すれば事件にすらならなかったことである。いい年をした大人が、まともな感覚や常識を失いつつあるのなら、逆にそれは日本社会の危機かもしれない。間違いやミスに対してはきちんと謝罪をし、そこから方向転換が出来る勇気を持った「まともな大人」でありたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月15日 (金)

なぜマスコミは…

岐阜県の裏金事件の報道が、連日新聞やテレビを賑わしている。確かに、あれ程までに巨額の裏金を作り、その処理を先送りして、最終的には燃やしたり私的流用をしたり、というような扱い方をしていた県職員の責任は重い。だが、もっと重い者たちへの責任追及がまったくなされていない。異常な事である。

裏金事件の背景には、官官接待の問題がある。そして、官官接待が様々な形で地方自治体にプラスになったからこそ行われたのであって、その元凶を作った接待された方の官の責任は非常に重い。だから、岐阜県や職員にその返還を求めるのであれば、より一層の圧力を接待された方の官、つまり国家公務員への返還を求めてしかるべきである。どうして、そういう視点がほとんど見られないのか、不思議なことである。

マスコミの大きな責務は権力の監視であり、表現の自由はそのための大切な権利である。従って、裏金問題の背景にあった官官接待の構造をきちんとあぶりだし、二度と再びこのようなことを起こさないように監視する責任がある。それなのに、国家公務員の側への責任追及は行わず、岐阜県のみを槍玉に挙げるのは明らかに公正さを欠いている。すでに、マスコミは戦前の「大本営発表」レベルになってしまっているのだろうか。それならば、表現の自由を主張する資格を自ら放棄しているのに等しい。

権力に迎合するのではなく、権力を監視すること。その崇高な責務に目覚め、民主主義を本当の意味で守るための報道を心から期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年9月 6日 (水)

祝! 男児誕生

皇室でおよそ40年ぶりに男児が誕生した。おめでたいことだと素直に思う。けれども、この半年ほどのニュース報道については、今ひとつ釈然としないものがある。日本の医療技術からすれば、当然、生まれてくるのが男子であることはわかっていたはずである。加えて、あれ程騒いでいた「皇室典範改正」の話も、いつの間にかどこかに消えてしまった。良いのだろうかと思う。

象徴天皇制の下で、天皇や皇族の公務は本当に大変だと思う。ある意味では、われわれ日本国民は、象徴天皇制を天皇陛下と皇族の皆様に押し付け、職業選択の自由やプライバシーの権利などの多くの人権を奪っているのである。そして、この報道騒ぎからすれば、今日生まれた新しい命にも、われわれ日本国民は何も考えることなく、象徴天皇制を押しつけ続けるのだろうか。戦後のシステムからすれば、この後また同じことが繰り返される可能性は小さくない。それで良いのだろうか。

天皇陛下も皇族の方々も、激務をこなしながらも、正常なバランス感覚を失わず、時には行き過ぎたお調子者たちの愚かな発言をさりげなくたしなめたり、行動によってさりげなく意思を伝えようとしたりされておられる。が、それを理解しないお調子者や「愛国心」を口にしながらも実は他国の利益のために奔走する売国奴が跋扈する政治環境の中で、本当に苦労されておられることを感じてしまう。

私たちは、まだこれからも皇室システムに甘え、天皇陛下をはじめ皇室の皆様の人権を制限し続けていく選択を、何も考えないままに続けてしまって良いのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)