2016年8月31日 (水)

Windows10から1か月

Windows7を使っていたが、無料でのアップグレード終了目前の7月末に、結局、Windows10に変える事にした。別に7に不満があったわけでも、10に魅力を感じた訳でもないが、研究会案内の作成やレポート、同人雑誌の編集などをしていることを考慮して、今後のためにアップグレードを選択した方がよいだろう…との判断による。
 
塾用のもう一台は7のままで残しておけば、なれるまでそちらを使ってもいいということもあったので、もう少し早く決断しても良かったのだか、周りの人の話を聞くと「7のままにしておく」とか「10にしたけど、使い勝手がいま一つで、結局、7に戻した」といった声を複数聞いていたこともあり、文書作成をギリギリまで7でしたかったために、結局のところギリギリになってしまったのだが、ADSLであったこともあり、まず、ダウンロードとアップデートに24時間以上も費やすこととなった。また、10になった後、セキュリティーに問題が出て、しばらくはネット接続を最小限に抑えつつ問題の解決を図ったが、一人では何ともらちが明かない。盆休みを費やしても状態は改善できなかったので、一人での作業はあきらめ、何人かの友人に協力を求めた。
 
盆過ぎに、高校時代の友人の助けを借りてセキュリティーの問題は解決し、一年前から用意してあった10対応のものを使えるようにしたが、ワードやエクセルの状況が改善しない。中学の同級生も調べてくれたが、放置すると使えなくなるとのこと。結局、中学・高校の後輩で近所に住む友人にPCを預けて調整してもらった。3日ほどたって「できた」との連絡が入り、ワードやエクセル、およびインターネット接続の状況も改善された。
それからおよそ1週間。まだ、十分に慣れていないところもあるが、何とか今までと同じような感じで使えている。助けてくれた友人たちに感謝である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 7日 (月)

クリック募金…200回超えで上位1% !?

何日かは出来なかった日があったが、クリック募金を知ってから7ヶ月、ほぼ毎日クリックを続け、多いものは200回を超えた。【募金】総額は今日の時点で、1,900円を超えている。とは言っても、たかだか7ヶ月であり、1年には達していない。その意味では、ささやかなものだと思うのだが、クリック募金のステータスでは、上位1%に入っているらしい。

悪いことではないが、逆にこの程度で、もう上位1%になってしまうのか、と思うと、ちょっと情けないような気持ちにもなる。ちょっとしたクリック…の手間を惜しみ、続かない人が多いということなのではないか、という気がしないでもないからである。これは、他者を思いやる余裕がない人が少なくない…ということなのだろうか。

そう言えば、アメリカでも、オバマ大統領が進めようとしている保険改革に反対するデモのニュースが流れたときに情けない気持ちになった。自助努力は確かに大切だが、十分に努力しているにも関わらず報われない人々への無知や認識の甘さがそこにあり、自らは転落しないだろう、という根拠のない自信が、セーフティー・ネット構築に対する反対という自分の首を絞める行動を進めてしまうのだろうか。

小泉改革についても、その支持者の中に不安定就労に身を置く若い世代が多かった、という話を聞いている。皮肉なことに彼等の支持した小泉改革が、彼等自らを守ってくれるのセーフティー・ネットの破壊を進めたのである。力への憧れが、そうした誤った選択へと彼等を駆り立てたのかもしれないが、生きていれば、選択を修正する時間は残っている。

他者、特に自分よりも弱い立場の人々に対する想像力と思いやりが、結局は、自らを支えるセーフティー・ネットにつながっている。例えば、クリック募金。一生会うことがないかも知れない他者へのささやかな思いやりを大切にすることで、自らの心も救われるところがあるのではないか、と思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月27日 (月)

100回を越えたクリック募金

4月にクリック募金の存在を知ってから、毎日アクセスするようになった。そして、1日1回1クリック。1日や2日ならそうでもないが、毎日続けようとすると、ささやかなことではあっても、時には「めんどうくさい」と感じることがある。しかも、1回の金額は1円ということで、1ヶ月続けても、日本では缶ジュースも買えない金額である。

それでも、こうして続けていくことで、いくらかまとまった金額になった。日本でこそ缶ジュースを買うにも心もとない金額だが、国境なき医師団にワクチン2本分を送れる金額でもある。そして、その善意が、毎日ネット上で積み重なっていく。自分にとって何の得にもならないことだが、心が温かくなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月13日 (月)

クリック募金

昨日、谷山浩子さんの関連サイトをのぞいていたら、【クリック募金】というものがあることを知った。 http://www.dff.jp のアドレスにアクセスし、いくつかの募金から選択してクリックする。その1クリックで、スポンサーから1円が子どもたちの教育支援や緑化運動、ユニセフの活動などに支払われる……というものである。ただし、1人につき、1日に1クリックのみ。そういう決まりである。

1円といえばささやかな金額だが、それでも500日押し続ければ、発展途上国の子どもたちのワクチン代になったりする。どうせインターネットにアクセスをするのなら、わずか数分で済むこのクリックを続けるのも悪くない。さっそく、このページを「お気に入り」に追加した。

最初のページにアクセスした後、10社ほどのページに跳んで、いくつかの募金を選択してクリックする。そのページに出ているすべてをクリックするのは多少めんどうくさいという気がしないでもないが、それが募金のためで、そうしたささやかな善意が集まること自体、世の中、まだまだ捨てたものじゃない……という気にもなってくる。世界がこのような善意でつながるのはなんとすばらしい事だろう。

今日で2日目。多くの人々の善意を感じながら、可能な限り続けていきたいと思っている。

| | コメント (2) | トラックバック (10)

2009年3月27日 (金)

ようやく直ったPC

10日過ぎからパソコンの調子が悪くなった。windowsそのものがセーフティー・モードでも開かなくなったので、再セットアップを試みたが、これもうまくいかない。隣の市に住む、パソコンの扱いに慣れた友達に見てもらったが「ハードディスクそのものが壊れている可能性がある」ということで、買った店に持ち込んだ。幸い、5年間の無料保障の期間中だったので、無料で直してもらえることになった。

とは言っても、1日や2日で直るわけではないし、別にバックアップしてなかったものはすべて失われてしまう。とは言っても、メール関係と一部の書類だけだったので、この際スッパリとあきらめて直ってくるのを待つことにした。

それから10日あまり……。ようやくパソコンは直ってきたが、接続やアップデートなど、けっこう時間をとられている。今日は幸いにも昼間の仕事がなかったので、多少は楽なのだが、半日かけても、まだ、印刷の再設定など終わってないものもいくつかある。パソコンも、けっこう不便なものだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月15日 (水)

ウィルスにつぶされた連休

連休前に、セキュリティーをかいくぐって侵入したウィルスにPCをやられてしまった。インターネットのスタート画面が勝手に変えられ、英語による「ウィルス感染/update」の警告が消えず、パソコンが重くなる症状。早速、パソコンの詳しい友人達に電話をかけまくり、連休を通して日替わりでチェックしてもらうこととなった。

セキュリティーをいくつか変えて試してみたが、なかなか上手くいかない。結局、5つ程の別々のものを試すこととなった。そして、再度データを戻して入れ替えた上で、昨日の夜まで毎日、コンピューターの全チェックをかけた。その結果、「トロイの木馬」系や「small」の類も何とか隔離/除去できた様子なのと、インターネットのスタート画面や「ウィルス感染」の警告、重さの改善などの状況が見られたので、何とか回復したと判断した。

お陰で、先週末から寝不足気味となり、体調はいま1つだが、それでも、快く付き合ってくれ、世話をしてくれた友人達の存在が頼もしく、また、ありがたかった。ただ、友人達を信じられたから、それ程悲観的にならずに済んだ部分もある。そして、その感覚通り、それなりに何とかなったという結果である。それに、数ヶ月ぶりに顔を見た友人もいて、ウィルス・チェックの間の時間にいろいろと話をしたりする時間も何となく楽しかった。

ウィルスのために時間を取られてしまったのは悔しかったが、それでも、友人達と久しぶりに顔を合わせて過ごした時間は、仕事に追われる時間の中では思いがけない安らぎの時間ともなった。このような友人達に囲まれていることの幸福を感じることの出来たトラブル……。トラブル自体はあまりありがたくないが、思いがけない三連休であった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月31日 (木)

ようやく直ったパソコン

18日に、前日まで反応していたキーボードの一部が突然反応しなくなった。近くに住むパソコンに詳しい友人に様子を見てもらったが直らなかったので、結局、購入した量販店に持ち込んだ。保障期間内だったので修理費は負担せずに済んだが、メーカー送りということになった。家にはもう1台古いパソコンがあったが、ADSLには接続できなかったので直るまで、メールやインターネットにアクセスが不能となった。

また、同人雑誌の編集にも支障が出た。修理に出したパソコンだと読むことが出来た原稿が、古いパソコンでは読み取れず、結局、原稿をまるまる打ち直したものもあった。けれども、メールでのやり取りが出来なかったので、作者との最終確認が出来ないまま印刷に回すこととなった。パソコンも、便利なようでけっこう不便である。

それでも、ようやく直ってきておよそ2週間ぶりでインターネット接続が出来るようになった。spamメールの多さには閉口したが、とりあえず無事に直ってきたので、原稿のやり取りや連絡、研究会等の案内を送付するのには支障がなくなった。とは言っても、同人雑誌の編集には、タッチの差で間に合わなかったが。

今日から、またblogの方も再開したい。ただ、あまりありがたくないニュースばかりが目立つ今日この頃、たまには、心温まるような社会評でも書きたいと思うのだが……。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月16日 (月)

500記事…もう1つのblog

日曜の記事でもう1つのblog【TAC文芸樹】の記事数が500となった。1日1記事ということで続けてきたので、そちらのblogを開いてから500日ということになる。特にこの1年はいろいろと大変なことも多かったので、続けられたことがうれしい。

【TAC文芸樹】の方は、今まで書きためたり新たに創作したりした小説・童話・詩・詞をupしているのだが、今回連載中の小説が完結したら、少しペースを再考しようか…と思っている。第一部を掲載した長編SF『超銀河アローン』の第二部や詩の形でupした『未来伝説スザーん』の小説版をはじめとして草稿段階の小説がまだまだいくつかあるのだが、原稿化の形まで整理がすんでいないので、その整理の時間をとりたいのである。

忙しい毎日が続いているが、まだまだ過労死の予定はない(!?)ので、無理しない程度に、ぼちぼちと書いていきたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 7日 (水)

ココログ・フリーがおかしい

昨日から、アクセスやコメントなどのチェックに時間がかかっている。ベーシックの方の【TAC文芸樹】は何ともないので、こちらがおかしいようだ。

他のブログでも同じようなコメントを見かけたが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 4日 (日)

新しいblog

今日から、もう1つ、新しいblogを始めた。【TAC文芸樹】(http://tac-bungeiju.cocolog-nifty.com/)という名前で、こちらの方は童話や詩や小説を発表する予定でいる。

とりあえずはきのうが節分だったこともあり、以前、友人と始めた別のblogに発表した童話をupした。そちらが個人blogのような状況になってしまたのと、今ひとつ使い勝手が悪いので、新しいblogを開設したのだが、しばらくは両方に載せる作品が多くなることと思う。

が、少し時間をおいて新しい方だけを残し、古い方は閉めるつもりでいる。とりあえず、「もっちゃんのタクシー」という童話のシリーズが終わってから、新作もupする予定でいるので、多少なりとも文学が好きな方は、そちらの方ものぞいていただきたい。今upしてある童話は、編集事務局をしている文芸同人誌に掲載してそれなりに反響があり、また小さいながらもささやかな賞をいただいた作品でもある。その意味では、一応の形はそれなりに整っていると思う。

結婚や離婚のゴタゴタでペンが止まり、その後の多忙な毎日の中で文芸創作に関わる時間が物理的に激減している今、どうしても完成したいSF小説はまだ中断したままである。これを機会に、そちらの方も少しずつ再開していきたいものである。

だが、まだ研究会や確定申告など、多忙な毎日が続く。前途は多難で、先は長い。それでも、あきらめずに少しずつ続けられれば……と思う。

 

人気ブログランキング … よろしければクリックをお願いします。

コメント・TBの主要言語は日本語…でお願いします。spmではないことを確認の上で24時間以内に公開します。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧