2010年11月 6日 (土)

風のうた…本田美奈子

本田美奈子が亡くなってもう5年になる。「孤独なハリケーン」「ドラマティック・エスケープ」「HELP」「つばさ」など、彼女の歌の中で好きなものは多いが、今日は朝少し外出をした際に、車で「つばさ」と「風のうた」を聞いていた。「風のうた」はアニメ「ハンター×ハンター」のエンディングに使われていた歌である。その意味では、アルバムに入れるにはちょっと毛色が違うので、ベスト・アルバム的なものにもなかなか入ってはこない。けれども、その母性的な歌詞(作詞 : うえのけいこ)といい、本田美奈子の高く伸びる声の魅力を最大限に生かすメロディーといい、聞いていて、なかなか良い感じの味わいのある歌である。

 

聞いたのね 大地にそよぐ風の声 遠い記憶呼びさます

覚えてる? 青いすみれの最初の香り あなたの命あたためた

雲の流れる先に何があるというの 

森の向こうの未来(あした)を知ってしまったのね

行きなさい さあ 約束の家ふりむかないで

信じなさい さあ あふれる想い強さに変えて

駆けまわる あなたの足音 わたしはひとり風にさがすわ

月あかり 波の彼方に光る影 遠い絆呼んでいる

夕凪の 海に映ったあなたの瞳 遥かな空を見つめてる

荒れる海を知らない川の流れのように

変えることのできない運命があるのね

行きなさい さあ こころで聞いた声のほうへ

信じなさい さあ あなたが選ぶすべてのものを

あの風が抱きしめてくれる 星の祈りが眠れるように

 

少年の旅立ちを見守る母性、その尽きることの無い愛と、残される寂しさ、そして行く手の無事と安全を祈る心が、この歌の中に封じ込められ、それらを本田美奈子が優しく、そして切なく歌い上げている。

実は、何気なくTVをつけた瞬間に初めてこの歌を聞いたとき、本田美奈子が歌っていると走らずに、「ああ、とても良い歌だなあ」と思った。そのアニメーションで、「ハンター×ハンター」のエンディングであることを知り、テロップで本田美奈子の名前を見た時、少なからず驚いたものだった。そして、次の週にはシングルCDを手にしていた。

その本田美奈子が白血病で亡くなって、もう5年になる。死んで尚、私たちの心を癒してくれる歌声に感謝すると共に、彼女のご冥福を祈りたい。  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月 6日 (金)

もう4年…

本田美奈子.が亡くなってから、もう4年になる。彼女の歌を聞き始めたのは、《Lips》というアルバム…いわゆる「1986年のマリリン」の入っているアルバム辺りからなので、もう20年以上前になる。アイドルとしてスタートし、ロックへ、そしてミュージカルやクラッシックへ、彼女の音楽の幅はどんどん広がっていった。

飲みに出かけた時、ふと、彼女の在りし日の姿を見たくなると、「1986年のマリリン」や「Oneway Generation」をカラオケで歌ったりもする。だが、歌として好きなのは「つばさ」や「風のうた」である。実は今日も、日中、車の中で「風のうた」を聞いていた。そして今は、アルバム《心を込めて…》を聞いている。彼女の高く、力強く、しなやかな声は、こうして今も聞くことが出来るが、次々と新しいことにチャレンジしていく生き方も魅力に充ちていた。

けれども、4年前、本田美奈子は白血病のため亡くなった。それでも彼女は、ギリギリまで希望を捨てず、音楽を愛し、病院でも歌を歌い続けた。骨髄移植という治療法が開発されるまでは不治の病であった白血病だが、それによって100%治る訳ではなく、彼女のように死に至ることもある。その意味では、発病して以降は、常に死と隣り合わせの生であっただろう。しかし彼女は死に向き合い、そのことによって真摯に生に向き合ったからこそ、最後まで希望を捨てずに生き続けたのだろう。

その生き様は、4年という時間を隔てた今なお、多くの人々の心を動かし続けている。今日は、彼女の歌を聞きながら、彼女のために、そして世界中の人々のために祈りたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 9日 (日)

酒井法子は重要人物?

酒井法子が薬物法違反で逮捕された。芸能界や大学生の薬物汚染のニュースはこのところ多いし、事実認定が行われ、裁判の後刑が確定すれば、それはそれで憂うべきことではあるが、酒井法子は政治家でも財界の要人でもない。彼女が逮捕されたからといって、国民生活への影響は考えられない。ところが、NHKをはじめとするマスコミの取り上げ方は異常であった。SMAPの草なぎの泥酔全裸事件といい、芸能人の醜聞よりも、もっと重要なことがある。

例えば、同じく薬物違反で問題になった議員がいたが、そのニュースは酒井法子よりもずっと小さかった。同じタレントでも、疑惑の選挙で千葉県知事になり、市民から選挙違反で告発されている森田健作の方が社会的には問題である。けれども、その報道は信じられないほど小さい。芸能界の薬物問題よりも、もっともっと緊急性があり大切なことは山ほどある。

確かに、芸能界の薬物汚染は問題である。ただ、精神的に見れば、常に他者の視線にさらされ「良い人」を演じ続けなければならないストレスは大きい。だから、自我が未成熟な場合は、その精神的な弱さゆえに薬物に手を出してしまう可能性はあり得る。今回の酒井法子の失踪についても、精神的な弱さやもろさ…という可能性を考慮すれば、解離性の逃走である場合もあり得る。幸い、大事には至らなかったが、警察やマスコミの対応を外から見ている限りにおいては、自殺という可能性もあったのではないか。

一方、酒井法子事件の大騒ぎによって、人々の目から逸らされてしまった事件や問題があったのではないだろうか。芸能人は聖人君子ではない以上、間違いも犯すだろう。それは良くないことかもしれないが、大騒ぎして徹底的に糾弾する必要はないのではないか。政治家や大企業、官僚などの言動にこそ、もっともっと注視が必要だろう。

| | コメント (2) | トラックバック (4)

2008年2月 8日 (金)

タレントよりも政治家の言葉を追求すべき

若い女優や若い歌手の「失言」が問題になっているが、逆に、政治家や大企業の経営者たちなどの、より社会に大きな影響を与える人々の問題発言については、けっこううやむやにされてしまっていることが少なくない。これは、どういうことだろう。

確かに、売れている歌手や女優はTVなどの露出度は高いし、ファンも多いだろう。けれども、その発言によって制度や法律が変わることはまったくないし、その意味において、彼女たちが「A」と言おうが「B」と発言しようが、多くの国民の日常生活には直接的な影響はほとんどない。

それに対して、総理大臣や大企業の重鎮の発言は、それによって国民の日常生活や社会の方向性が変わる事もあり、「公約」などをいいかげんに扱われては国民は大いに迷惑をする。

にも関わらず、政治家や大企業の経営者の発言・失言に対する追及は、信じられないほど甘い。芸能人のスキャンダルを追う半分の情熱と経費と人手と時間をかければ、今よりももっと政府や企業へのチェックが厳しくなり、国民を無視した強行採決や再可決などは絶対に出来なくなるのではないだろうか。何を取材し、何を報道するのか。日本のマスコミは、力点の置き方を根本的に間違えていないだろうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)