2009年12月 8日 (火)

零式艦上戦闘機・ゼロ戦の型

1941年の12月8日、日本海軍の手によるハワイ・オワフ島の真珠湾攻撃によって、太平洋における日本とアメリカの戦争は開始された。太平洋戦争である。真珠湾攻撃にも参加し、初戦において圧倒的な強さを誇った日本海軍の零式艦上戦闘機。日本では、太平洋戦争という言葉からゼロ戦を連想する人はとても多いのではないだろうか。私自身もその1人である。

現在でも、「戦闘機」と言えば、まずゼロ戦が頭に浮かび、それから四式戦闘機・疾風、一式戦闘機・隼、局地戦闘機・雷電、三式戦闘機・飛燕、局地戦闘機・紫電改(紫電21型)などの戦闘機を連想し、ついでF4ファントム、F15イーグル、F14トムキャット、といったアメリカのジェット戦闘機、クフィールやドラケン、ミグ21などのアメリカ製以外の戦闘機、さらに第二次世界大戦のメッサーシュミットやハリケーン、スピットファイアー、P51マスタングといった戦闘機がイメージされる。意識の中では、ゼロ戦は戦闘機の代表なのである。

さて、私の頭に思い浮かぶゼロ戦というと空気取り入れ口がエンジン前方上部にあり、緑色に塗装されているものがほとんどである。これは、52型の特徴であり、太平洋戦争の後半に入った1943年の夏から戦線に投入されたタイプである。初戦で大活躍し、真珠湾攻撃に参加したのは21型。空気取り入れ口はエンジン前方下部にあり、ボディーは白っぽいカラーリングになっている。生産台数としては52型がゼロ戦の中では一番多いのだが、エンジンの出力が段違いでスピードや装甲、武装の優れたF4UコルセアやF6Fヘルキャット、P51マスタングといった新鋭機を相手にしての空中戦は、ベテランのパイロットが少なくなった戦争後期においては一層不利になり、やがては菊水1号作戦から始まる神風特攻隊の特攻機となっていく。

特攻機として使用されたのは62型、52型の武装を強化し防弾装備を強化した52丙型に爆弾を設置できるように改造した「爆戦」と呼ばれるタイプである。ゼロ戦には、スピードを増そうと設計されたが航続距離が短くなり、返って前線で使いにくくなった32型や、32型の翼の面積を戻して航続距離を延ばす再改良をした22型、エンジンを変えた53型、54型などもあるが、そうした種類の多さが、本格的な新鋭機ではなく小手先の改造によって対処するしかなかった余裕の無さをも示している。特に、「爆戦」などは特攻機として使われたことも併せて、戦争の悲惨さとむなしさを考えさせられる。

子どもの頃、21型、32型、54型、52丙型のプラモデルを作った記憶がある。当時は、そうしたたくさんの型がある背景を知らぬままゼロ戦のプラモ作りを楽しんでいたが、この多くの型の背景にある歴史的事実を考えると痛ましい。二度と日本が戦争の被害者にも加害者にもなってほしくないと願わずにはいられない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年5月10日 (日)

零戦の欠点と技術者の苦悩

零式艦上戦闘機…ゼロ戦という名で知られている日本海軍の誇る戦闘機は、実は、開発当初から欠点を抱えていた。それは、欧米に比べて重さの割りに馬力の小さいエンジンを機体設計でカバーする上で必然的に眼をつぶらざるを得なかった部分でもあった。

例えば、零戦の構造図を見てみると、その骨組にけっこうたくさんの穴が開いているのが分かる。強度という点から考えれば、これは明らかにマイナスである。けれども、馬力が十分でないエンジンで高速と運動性能を満足させようとした時、開発した技師たちは機体を1gでも軽くするという結論に達した。その結果がこの穴の存在だったのである。当然、燃料タンクや操縦席の防弾についても、スピードと運動性…つまり格闘(ドッグ・ファイト)性能の向上のために軽視され、付けられなかった。これは、発注した日本海軍の優先順位の結果削られたものだった。

そのため、激しい急降下には耐えられず空中分解を起こすことや、燃料タンクや操縦席への狙い撃ちが弱点になることについては、技術者たちは早い段階から認識していた。だが、その弱点もスピードや運動性に圧倒的に優位を誇っていた段階では目立つことなく、大きな戦果をあげることが出来た。

けれども、太平洋戦線での戦闘が激しさを増し、アメリカ軍がゼロ戦を手に入れて研究し、新たな戦法の導入と新鋭機の投入の本格化により、ゼロ戦の優位は崩れ、その欠点が原因となって苦戦を強いられることになった。当然、そうした状況の中で、現場のパイロットからも防弾の必要性を説く声が多く寄せられる。前線でP38ライトニングに撃墜されて戦死した山本五十六は、現場のパイロットとの会議の中でその必要性を痛感していたが、戦死によってその声は海軍本部にはきちんと伝わらなかった。

その後もゼロ戦は改良を重ねて前線で戦い続けたが、技術陣や現場のパイロットたちの防弾の必要性を説く声は海軍上層部によって軽視され続けた。ゼロ戦は十分な防弾装備を持たぬまま、特攻機として次々と太平洋に散っていったのである。ゼロ戦の後継機である烈風は、防弾に対する開発陣の思いから最初から防弾装備があったが、戦場に姿を見せることなく敗戦の日を迎える。設計上のバランスからすればゼロ戦に防弾装備をつける改良は難しかったかも知れないが、現場の声を聞いて少しでも早くそれに着手していれば、ベテランのパイロットはもっと生き残っていただろうし、特攻作戦とは別の作戦も考えられたのではないかと思われる。

守りを軽視し、現場の声を聞こうとせずに失敗を重ねた海軍上層部。歴史に学べば、同じ失敗を繰り返さないだろうが、日本には現場の声を聞かない「伝統」が今も少なからず残っている。例えば、全国一斉学力テスト。例えば、高齢者医療。社会のさまざまな場において、「現場の声」が無視され、決定がなされていく。ゼロ戦の悲劇は、また繰り返されそうである。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2009年2月 5日 (木)

コスモタイガーⅡ…ヤマトの艦載機

宇宙戦艦ヤマトの艦載機と言えば、すぐ、コスモタイガーⅡが頭に浮かぶ。実は、コスモゼロ、ブラックタイガー、新コスモゼロなど、ヤマトにもいくつかの艦載機が登場するのだが、もっとも好きなのが、コスモタイガーⅡである。コスモタイガーⅡは、映画「さらば宇宙戦艦ヤマト」から登場し、その後のTVシリーズのすべてと映画の「完結編」までヤマトの主力艦載機となるが、実は、単座タイプ(1人乗り)と3座タイプ(3人乗り)があり、登場回数は圧倒的に単座タイプが多いが、3座タイプは白色彗星帝国との戦いの際、空間騎兵隊を乗せてその内部に突入する際に使われている。

艦載機としては、銀河英雄伝説に登場するワルキューレやスパルタニアン、キャプテンハーロックのアルカディア号のスペースウルフ、マクロスのバトロイド・バリキリー、宇宙空母ジャスダムの巨大艦載機でダンガードAに変形するサテライザーなども思い浮かぶが、そのシャープなイメージの割には曲線も多い洗練されたフォルムと、大気圏/宇宙空間と場所を選ばず使用可能な汎用性、機銃で敵艦を破壊する攻撃力(?)、なかなか撃墜されない強さ(?)など、突っ込みどころも多いトップクラスの高性能は相当魅力的だと言えよう。

同じヤマトの艦載機でも、最初のブラックタイガーはどこかしらやぼったいデザインであったし、初代コスモゼロは、松本メカとしては納得できる仕上がりだったが、それゆえにごつごつした感じもあってシャープさという点では今ひとつという印象だった。が、コスモタイガーⅡは、松本メカのエッセンスを持ちながらシャープで洗練されたデザインであり、それを見た瞬間、プラモデルを作りたくなった。当時はいくつかの事情があってその夢は適わなかったが、現在my roomには4機のコスモタイガーⅡがブラックタイガーや宇宙戦艦アンドロメダなどとともに並んでいる。うち2機は、アフターバーナーのカラーリングが異なる山本機(単座タイプと3座タイプ)である。

このコスモタイガーⅡに乗って宇宙を飛行することは絶対に叶わないが、それでも、コスモタイガーⅡに乗って宇宙や大気圏を飛行する事を想像すると心が躍る。多分、その速度に耐えられるほどの力はこの肉体にはないだろうが、そのスピード感は、そのデザインを見ているだけで味わう事ができる。メカとして、ヤマトに次ぐ登場回数を誇るのもうなずける戦闘機である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 7日 (水)

パラオ ゼロファイター …戦の終わりを願って

「パラオ ゼロファイター」という歌がある。作詞・作曲は武田鉄矢で海援隊が歌っていた。ゼロファイターは、もちろん第二次世界大戦中の日本海軍の零式艦上戦闘機である。歌詞には「緑の…」というフレーズがあるので、カラーリングから類推すれば52型あたりだろうか。戦いが終わったサンゴ礁の海の中で朽ち果てていく戦闘機をほのぼのと歌っている。

 

こんなところで翼をひろげ 眠っているのか 緑のゼロファイター 南の魚たちが 翼の上を過ぎる 透き通った海に 緑のゼロファイター 空を飛ぶ為に 生まれてきたんだろう それがどうして 海の底にいるのか 戦さは とうの昔 敗れて終わったのだ 守るべき人達も お前を忘れたのだ 一筋の煙 空にひいて落ち 珊瑚を枕に 眠るゼロファイター

折れた翼に 波は白く打ち 空の夢をみるのか 緑のゼロファイター お前を操り 空を翔けた人は どこに消えたか 緑のゼロファイター 空からその人と ここへ落ちてきたんだろう それでその人は 死んだのですか 戦さとはいえ 長閑な この海では 死ぬ気もせぬのに 眼を閉じたのだ 白い飛沫をあげて 海へ落ちて沈み 珊瑚を枕に 眠るゼロファイター

海の底を 空だと夢見るのか 珊瑚は雲なのか 緑のゼロファイター

 

メロディーもほのぼのとしているのだが、太平洋の戦場で墜落した戦闘機というのは生々しい。この戦闘機によって何人の人が死んだのだろうか。ゼロ戦は子どもの頃から大好きで、21型や32型、52型丙、54型のプラモデルを作った記憶がある。隼や飛燕、雷電なども作ったが、これほど多く作った戦闘機は他にはない。太平洋戦争の末期には神風特別攻撃隊に使われ、機体に爆弾を装着して敵艦に突っ込んでいった。爆弾の為に機体が重くなり、途中で撃墜されたものも多く、敵・味方共に多くの命がゼロ戦によって失われた。

それゆえに、日本人のゼロ戦に対する思いは特別なものがあるように思われる。それでも、ゼロ戦はやはり兵器である。あらゆる兵器は、世界の為、一般の人々の為には、戦争に使われぬまま朽ちていく方が良い。この世界から戦火が消え、兵器が朽ち果てるような日が来ることを思ってやまない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月20日 (日)

桜花…悲しき特攻ロケット

太平洋戦争の末期、悲しきロケットが作られた。特殊攻撃機・桜花である。機首に1200キロの爆弾を積み、一式陸攻に積まれて目標に近づき、ロケット・エンジンに点火して敵艦に向かって飛ぶ。時速900キロを越えるスピードのため、ロケット・エンジンの点火に成功すれば敵戦闘機や対空砲火も補足しきれない。

だが、この攻撃機は脱出装置を積んでおらず、敵の攻撃に成功してもパイロットの命はない。その美しい名前とは裏腹に、桜の花が散るようにパイロットの命を散らせるロケットなのである。菊水1号作戦に始まる海軍の特攻だが、これは「作戦」などと呼べるものではない。そんな無謀な悪あがきをするまで状況を悪化させた政府や軍首脳の無能こそ糾弾されるべきものであろう。

さて、桜花だが、ロケット・エンジンに点火すれば撃墜する術はないが、その攻撃を防ぐ手立てはあった。桜花がロケット・エンジンに点火する前に、一式陸攻ごと撃墜してしまえば良いのである。一式陸攻は防弾の設備が弱く、また重い桜花を積むとスピードも落ちるために、実際、昼間の攻撃ではほとんど一式陸攻ごと撃墜されてしまったらしい。桜花の初陣は1945年3月21日。多くのパイロットの命を犠牲にしたが、日本の敗戦へと至る道を変えることはかなわなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年4月 6日 (日)

わが青春のアルカディア…戦場まんがシリーズより

松本零士の戦場まんがシリーズの4巻目(昭和51年・小学館)の冒頭に、本のタイトルにもなっている「わが青春のアルカディア」というマンガが収録されている。主人公はドイツ空軍のファントム・F・ハーロックⅡ大尉。愛機メッサーシュミットの操縦桿を握り、ドイツ帝国崩壊の日まで不敗のまま敵機を撃墜し続けていた。

その最後の出撃の前にハーロック大尉は、1人の男に出会う。男の名前は台場元、技術交換で日本から来た照準器を開発する技術者だった。2人とも祖国の敗戦を認識していたが、今、自分の果たすべき役割に全力を尽くす誇り高き男たちだった。

味方の交代を援護する為の最後の出撃に際して、ハーロックはメッサーシュミットの胴体部に台場を乗せることになる。上空からの敵機の攻撃で離陸直後に被弾したハーロックのメッサーシュミット。その際に切れかけた昇降舵のワイヤーを台場は自らの身体を使ってつなぐ。ガソリンが尽きてスイス国境の近くに胴体着陸をするメッサーシュミット。そこで、ハーロックは台場が切れかけたワイヤーの代わりになっていてくれたことを知る。その行為に対して、ハーロックは常に戦場を共にしてきた愛機の照準器を台場に託す。生き延びたら再会することを約束して……。

時間的にはわずかでも、決定的な出会いというものは確かにある。濃厚なひとときを共有した信頼に足る相手は、どれ程時と距離を隔てても、親友として深く心に住み続ける。ハーロック大尉と台場の関係はそのようなものだったのだろう。日常的にはそれ程多くない出会いかもしれないが、1度会っただけで相手を信じられる出会いというのも確かにある。そして、その相手の存在が、心の中で輝き続け、自分の生を励まし、力を与えてくれるのだ。

このエピソードは、後にキャプテン・ハーロックの海賊戦艦アルカディア号誕生のエピソードを描いた映画「わが青春のアルカディア」にもそのまま挿入される。もちろん、台場はアルカディア号の設計者大山トチローの祖先ということになり、ハーロック大尉もキャプテン・ハーロックの祖先ということで、2人のつながりの深さを語る為のエピソードとしての挿入になるのだが。

松本零士が描く代表的なキャラクターであるキャプテン・ハーロックは非常に魅力的な男だが、その魅力の1つに友情の厚さがある。ハーロックとトチローの友情は、男として胸を熱くする多くのエピソードに彩られている。このような友情はそれ程多くはないかもしれないが、親友の大切さを感じさせてくれる作品である。

 

人気ブログランキング … よろしければクリックをお願いします。

コメント・TBの主要言語は日本語…でお願いします。spamではないことを確認の上で24時間以内に公開します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月22日 (土)

96式中型陸上攻撃機

96式中型陸上攻撃機、略して96中攻は、日中戦争から太平洋戦争にかけて使われた、魚雷や爆弾を搭載して敵を攻撃する海軍の攻撃機である。華々しい戦果と言えば、イギリス海軍の誇る浮沈戦艦プリンス・オブ・ウェールズと高速戦艦レパルスを、後継機の一式陸上攻撃機と共にマレー沖海戦で撃沈した事であろう。

このマレー沖海戦は、真珠湾攻撃と共に、戦艦に対する航空機の優位を決定付け、戦艦を中心とした海戦から、空母・航空機中心の海戦へと戦術を一変させるきっかけとなった。皮肉な事に、最初に航空機中心の海戦を大規模に展開した日本が、旧来からの大鑑巨砲主義を捨て切れず、沖縄戦では航空機の護衛もつけずに戦艦大和を沖縄に向かわせ、アメリカ軍の航空機を中心とした爆撃や雷撃によって世界最大の戦艦大和を失い、敗北へと至るのだが……。

だが、この96中攻は中国戦線においては渡洋爆撃と呼ばれた中国本土への爆撃を繰り返し、南京や重慶などの都市も爆撃している。都市への無差別爆撃の先例を作ったのはドイツだが、日本軍も後に続いており、それが結果として日本の都市への爆撃を正当化する口実をアメリカ軍にも与えてしまったと言えなくもない。

加害者は、相手の痛みを過小評価し自らの罪をごまかし忘れようとする傾向があるが、被害者は、その痛みを忘れない。日本が広島・長崎を世界にアピールし、それなりに説得力を得るためには、南京や重慶等の都市への無差別爆撃の罪にも真摯に目を向ける必要があるのだ。

その優れた性能によってマレー沖海戦で英軍の新鋭戦艦を航空機の力だけで撃沈し、海戦の戦法を一変させた96中攻。だが、中国戦線の戦果の陰で、多くの一般市民の命も奪っているのである。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2007年7月27日 (金)

月光の夏

特攻を前にして鳥栖国民学校のグランドピアノで『月光』を弾いて行った特効隊員がいた。その事実がラジオで紹介され、その反響が1つの映画となって結実した。それが、この『月光の夏』という映画である。その制作費の40%が市民の募金によって集められ、名優、仲代達矢の重厚な演技によってすばらしい作品となった。

事実を元にして作られたこの映画は、特攻を前にわざわざピアノを弾くだけのために小学校を訪れた2人の青年たちの思いを描き出す。もし、戦争がなければ、彼らは特攻することなどなかっただろう。しかし、特攻という運命を受け入れた時、家族よりもピアノを選んだ青年たちの思いが胸を打つ。平和な時代に生まれていたら、彼らは音楽家となる夢を追い続けていたことだろうと。

だが、そのうちの1人が、エンジンの不調のために引き返した時、純粋な青年たちの思いを信じない…というよりも自分たちがそうした純粋な思いを持っていないがゆえに邪推をして不運なパイロットたちの心を傷つけた愚かな上官たちが彼の心に深い傷を与える。

若者たちの純粋な思いを利用して特攻へと追い込みながら、敗戦に際しては自ら責任を取ることがほとんどなかった上層部の軍人たち。その卑劣さをも、この映画は暴き出す。一方で、心に傷を負いながらも敗戦と戦後の混乱を生き続けた残されたパイロット。仲代達矢は、その老人を好演している。

現場で一生懸命働く人々の思いを無視して理解しようとせず、自らが卑怯で恥知らずな言動しか取れない連中が多くの人を苦しめる安倍内閣の姿を見ていると、時代は変わっても、こうした卑怯で恥知らずな輩はのさばっているなぁと感じることが少なくない。「月光の夏」の悲劇をくり返してはならない。

 

人気ブログランキング … よろしければクリックをお願いします。

コメント・TBの主要言語は日本語…でお願いします。spmではないことを確認の上で24時間以内に公開します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月15日 (金)

四式戦闘機疾風…最強の陸軍戦闘機

四式戦闘機・疾風。旧日本陸軍の戦闘機の中でも最強の戦闘機で大東亜決戦機とも呼ばれていたのが、この疾風である。敗戦までに3500機以上が作られている。これは、陸軍の戦闘機の中では一式戦闘機・隼に次ぐものである。

中島飛行機の設計で、開発名はキ-84、最大速度680キロ以上、上昇限度は10,000メートルを越え、武装は20ミリ機関砲2門~4門、それに12.7ミリ機関銃2丁もしくは30ミリ機関砲2門と甲、乙、丙のタイプによって武装は異なるが、いずれにしろ4門の強力な装備を誇り、防弾鋼板などの装備もあった。

このように充実した装備と優れた性能ゆえに、本土防空にも活躍している。その優れた上昇力は、10,000mもの高空から日本本土を狙ったB29の迎撃も可能であったし、そのB29を護衛してくるアメリカ軍の戦闘機P51マスタングなどとも戦うことができた。P51と比較して最高速度は劣っていても、上昇力や小回りなどの性能は疾風の方が優れていたという。

だが、この疾風の奮戦も日本をアメリカ軍の空襲から守ることは出来ず、多くの人々が家を焼かれ、家族を失って敗戦をむかえた。疾風の能力とパイロットたちの努力をもってしても東京大空襲や広島・長崎への原爆投下といった市民への無差別爆撃を阻止することは叶わなかった。

飛行機としての疾風は好きである。小学生の頃にプラモデルを作っていたし、その写真を見れば疾風だと判別できる。だが、最終的には防空の任につくことが多かったとしても、戦闘機は殺人と破壊を目的とした飛行機である。その意味では、戦闘機というものは、存在そのものが哀しいかも知れない。

 

人気ブログランキング … よろしければクリックをお願いします。

コメント・TBの主要言語は日本語…でお願いします。spmではないことを確認の上で24時間以内に公開します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月29日 (火)

局地戦闘機・雷電

雷電は、日本海軍最初の局地戦闘機である。局地戦闘機とは、航続距離はそれ程重視せず、飛行場などの重要施設の防空用に作られている戦闘機で、敵の迎撃という役割から強力な武装とスピードや上昇力を重視している。雷電は、細い機首、ずんぐりとした胴体とその胴体に似合わぬ小ぢんまりとした主翼など、他の戦闘機とは異なる印象的なフォルムである。それゆえに、1度見ただけで忘れられない印象を残している。

設計は、零戦と同じ三菱。設計・計画段階では十四試局戦と呼ばれている。初陣は昭和19年、600kmを越える速度と20ミリ機関銃4丁の強力な武装で、B29を迎撃するために飛び立った。初陣から敗戦までは1年足らずだが、その間に500機ほどが作られ、対B29の戦果では、一番の撃墜数を誇っている。

だが、雷電の活躍にも拘らず、太平洋戦争の激しい空襲で日本の都市はほとんど灰燼に帰した。無差別爆撃の非道は広島や長崎をはじめ東京や名古屋、大阪など日本中で繰り返されたのである。だが、日本軍も重慶などの都市に無差別爆撃を行っている。被害者としての歴史と共に加害者としての歴史にも目を向け、戦争の惨禍を再び日本が繰り返すことのないように努力していきたいと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (2)